レッスンに願うこと

公開日: : いろいろ

こんにちは。6歳でトトロが弾ける!4歳から通えるピアノ教室講師の佐藤智香子です。

本日はひとりのお嬢さんを例に「表現」について書いてみます。

当教室に入会後、数ヶ月経ってもレッスン中はほとんど声をお聞きすることもなく、「さようなら」も言わずに帰るお嬢さんがいました。

おとなしい人見知りな性格なのだろうと思っていたのですが。

ある日、学校帰りにお友達と一緒の中で、ひときわ声が大きく、大笑いしているのがそのお嬢さんでした。

ある意味ショックで。

「この教室が嫌ならばピアノの先生は世の中にはたくさんいるんだよ」

とお話しましたら、「教室は好き」なんだそうです。

現在の生徒さんの中にも、きちんと座っていてもなかなか素を見せてくれない方もいらっしゃいます。

真面目にレッスンを受けることはもちろんよいことです。

でも、違う角度からみたら「楽器を演奏」するのに「真面目」でなくてもいいわけです。

世の中は「モノフォニー」の時代だったのに、頑なに「ポリフォニー」を作曲し続けたバッハさん。

超がつくほど、「数字」にこだわったひとでもあります。

ベートヴェンもショパンもシューマンも、不器用なまでにストレートです。

目の前の楽譜を、どういうふうに捕まえようか??と考えていたら自分が全面に出てきていいはずです。

ひとつこれ!と戦略を練って演奏するのは、勇気がいります。(かつて私も先生から大雷をくらったことがあります)

でも、それでこそ「本物の表現力」です。

ちょっと「戦略」に調整が必要だったら私達講師がアドバイスする、それこそ「レッスン」です。

私のハートと生徒さんのハートがよいコミュニケーションを取りながらレッスンできたら最高ですね^^

関連記事

2Bのえんぴつが一番売れる理由

こんにちは、フェリーチェピアノ教室のさとうです。 晴れてはいますがどんどん気温が下がっています

記事を読む

習い事はやりたい気持ちが大切です

こんにちは。6歳でトトロが弾ける!4歳から通えるピアノ教室講師の佐藤智香子です。 2月はとても

記事を読む

楽に弾くことが基本のカタチ

こんにちは、フェリーチェピアノ教室のさとうです。 昨日の「ピアニストのラン・ラン氏が腱鞘炎のた

記事を読む

恒例の旅

こんにちは。6歳でトトロが弾ける!4歳から通えるピアノ教室講師の佐藤智香子です。 先週はピアノ

記事を読む

努力で磨いた普通が輝く

こんにちは。6歳でトトロが弾ける!4歳から通えるピアノ教室講師の佐藤智香子です。 夏休みもあと

記事を読む

no image

素直な心で

新学期のフレッシュな空気が心地よいです。 みななんだか爽やかなお顔でレッスンにやってきます。(

記事を読む

25歳の音楽革命

こんにちは、フェリーチェピアノ教室のさとうです。 11月最終週となりました。 今年も残す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑