緊張しないでピアノを演奏する方法

「せっかく練習を積んできたのに、いつもの半分も弾けなかった」

という経験はありませんか?

私は、発表会のときに客席で聴いていますが、時々とても残念だな、と思うことがあります。

当教室の発表会も間近なので、みなさんにお伝えできる緊張を和らげる方法はないかな、と調べてみました。

医師がおすすめのリラックス法

「自分をごきげんにする」ことが緊張をほぐす、とスポーツドクターの著者が書いていらっしゃいます。

ご興味ありましたら読んでみてください。

具体的には、「好きなことを考えると演奏がうまくいく」のだそうです。

「好きな食べ物は?」という問いに「カルボナーラ💛」と答えた直後の演奏はうまくいったことの例が書かれています。

これは子どもたちにもおすすめしやすいですね。

私はコレを空想して舞台に立ってみるとしましょう。

緊張を和らげる方法

背泳ぎの腕まわしでチカラを抜く方法

背泳ぎをするように腕を動かしてみましょう。

小指が空気を切るように動かしてみると・・・鎖骨が開いていくのを感じることが出来ますか?

これは、先日石嶺尚江先生のピアノ指導法セミナーで、「脱力」をする際にやってみようと教わりました。

ピアノを弾くときに、肩・腕・手首に余計なチカラが入るといい音がでません。

指の自由も奪ってしまいます。

「チカラをぬく」ときに、鎖骨を意識して、まるで骨がスゥーッと横に離れていくかのようにイメージすると、呼吸も深くなりリラックスできます。

「背泳ぎ」のポーズを利用しますと、これがわかりやすいです。

先日、大人の生徒さんにやってもらいました。

「ああ、すごく実感できます!」とおっしゃっていました。

舞台に上る前にやってOKです。

出演者全員で、腕を振り回していたら、「この教室なに??」って不思議に思われるでしょうか。

フェリーチェピアノ教室のピアノ発表会

web上の「緊張しない方法」をあれこれ読んでみましたが、最初にご紹介した記事がいちばん納得できました。

検証してまた書いてみたいと思います。

フェリーチェピアノ教室のピアノ発表会についてのご案内はこちらを御覧ください。

体験レッスンのお申込み

 

トトロお電話でのお問い合わせ045-584-7166おんぷフェリーチェピアノ教室おんぷ
横浜市鶴見区豊岡町40−2 アミーフラン2階
JR京浜東北線鶴見駅西口改札より徒歩8分
市営バス「三角」停留所より徒歩1分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です