考えるチカラを育てるピアノレッスン

こんにちは、フェリーチェピアノ教室のさとうです。

本日は、「自ら考えるチカラを育てるレッスン」という点から書いてみます。

フェリーチェピアノ教室の小学生のピアノレッスン

「レッスンに行けば上手になる、だから練習しなくても平気・・・」

では上達ができません。

ここを勘違いしている生徒さんが時々いらっしゃいます。

レッスンで持ち帰ったことを家で練習する時間はとても大事なものです。

では、レッスンでは何をやるのか?

初歩の段階では、「練習のやり方」をレッスン内で繰り返しやっていきます。

新しい曲の音符を歌うところから、片手で弾くところまでの流れを一緒にやります。

これでいいんだ!とわかれば、この練習を繰り返してやっていけばよい、ということになります。

フェリーチェピアノ教室の小学生のピアノレッスン

「オルガンピアノ3」レベルの楽譜に入ってきますと、もう一歩進んで、自分で曲作りをやってみるということです。

リズムも様々、拍子もいろいろ出てきます。

上手くいかなかったところを自分の言葉で質問することも学びです。

このレベルになりますと、曲もバラエティに富んできます。

曲の個性を理解して演奏することもやっていきます。

「オルガンピアノ4」は導入本のまとめの楽譜ですので、最初のアドバイスは少しだけで、自分のチカラでどこまで曲を読み取っていけるのかの試行錯誤です。

「譜読みの体力」をつけていく段階です。

うまく行かなかったら、何の練習が必要なのか?を考えます。

どの段階でも、「完全に受け身」では上達しません。

「自分で考えるチカラが育つ」&「わからないところは質問する」&「自ら書き留める」ことができるように、レッスンで指導しています。

お問合せはこちらをクリック

トトロお電話でのお問い合わせ045-584-7166

おんぷフェリーチェピアノ教室おんぷ
横浜市鶴見区豊岡町40−2 アミーフラン2階
JR京浜東北線鶴見駅西口改札より徒歩8分
市営バス「三角」停留所より徒歩1分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です