6歳がピアノを始めるときに大事なこと

6歳、7歳でピアノを始める生徒さんが一番多いことが当教室20年の統計で明らかになりました。

小学1年生ということです。

本日は、6歳の生徒さんへのレッスンについて書きます。

まずは指を動かす!

私が考えるピアノレッスンは「脳トレ」レッスンです。

今まで弾いたことがないピアノを弾き始めるわけです。

脳がさっさとついていってくれるでしょうか?

「楽しい!」「面白い!」「なんだろう?」というワクワク感や好奇心は大いに脳を刺激してくれます。

されど、きっと脳の浅いところに「新しい記憶」として位置づけられるのでしょう。

それをどんどん奥に記憶させていきたい!

なので、「ドレミ」を読むことも大事なのですが、とにかく指を動かして、声にだしてうたって「ピアノを弾く」という体験をどんどん積み重ねていきたいのです。

フェリーチェピアノ教室のピアノレッスン

自宅練習とピアノレッスンの二人三脚で進む

1週間に1回レッスンでだけ弾いていたのでは、脳は認識しませんよね?

むしろ、ひとは「忘れる」こともひとつの能力ですので、弾いたことも、レッスンでやったこともきれいサッパリ忘れてしまいます。

これでは「習い事」として成立しません。

「家で弾く」ことと「レッスンで練習の成果についてのアドバイスを受ける」ことの循環ができると間違いなくスキルアップできます。

これが確実にできるのが6歳です。

6歳は自立した練習ができる

当教室の生徒さんを見ていますと、小1になったらほとんどの生徒さんがひとりで練習しています。

お母さんが隣に座ってくれないとできない、ということもなくです。

むしろ、「ひとりで集中してやるから」と言ってドアを締めてしまうそうです。

しっかり練習してきた結果の間違いならば、叱られることもありません。

自身で試行錯誤してやったからこそ、実感してわかるアドバイスもたくさんあります。

レッスン内容の100%が生徒さんの知力体力になります。

6歳は頼もしいですね。

フェリーチェピアノ教室の6歳のピアノレッスン

体験レッスンのお申込

 
<div style=”background: #ffeeee; padding: 10px; border: 1px solid #ff0000;”><img src=”http://sato456.xsrv.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/1922597.gif” alt=”トトロ” border=”0″ />お電話でのお問い合わせ<a href=”tel:0455847166″>045-584-7166</a><img src=”http://sato456.xsrv.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/145132.gif” alt=”おんぷ” border=”0″ />フェリーチェピアノ教室<img src=”http://sato456.xsrv.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/145132.gif” alt=”おんぷ” border=”0″ />
横浜市鶴見区豊岡町40−2 アミーフラン2階
JR京浜東北線鶴見駅西口改札より徒歩8分
市営バス「三角」停留所より徒歩1分</div>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です