ピアノレッスンで使用する楽譜は決まっていますか?

ピアノレッスンで使う楽譜は決まったものですか?

というお問い合わせをいただきました。

私が導入期の楽譜として一番信頼して使っているのは「オルガンピアノ」シリーズです。

フェリーチェピアノ教室のピアノレッスンで使用する楽譜

しかし、このシリーズだけを使っているわけではなく、個性や年齢にあわせて「ピアノドリーム」シリーズや「バスティン」シリーズを使っています。

併用して使用する楽譜もあります。

そして、おそらく全員に弾いてもらう楽譜は「ブルグミュラー25の練習曲」です。

フェリーチェピアノ教室で使用する楽譜

楽譜の読み方、リズムの学びの基礎を終えて、「表現力」を学び一段上のピアノテクニックを学ぶ大事な1冊です。

「ブルグミュラー25の練習曲」をすぎると、また個々にいろいろな楽譜を模索していきます。

楽譜の流れに関しては、本当にたくさんのパターンがありますから、質問はどんどんしていただきたいです。

当教室では、年末に保護者様対象の「個人面談」を行っていますので、その際にも今後の見通しなどをお話させていただいています。

導入の楽譜は毎年新しいものが発売になります。

何を弾いているか?よりもどのように使用するか?が大事と考えています。

小学2年の生徒さんが、オルガンピアノ2から3に進んだときに、

「わ〜縦長の楽譜だ〜〜」

と言って喜んでいました。

大きなお音符から小さな音符へ、横長の楽譜から縦長の楽譜へ、生徒さんたちには新たな発見があるようです^^

お問合せはこちらをクリック

トトロお電話でのお問い合わせ045-584-7166

おんぷフェリーチェピアノ教室おんぷ
横浜市鶴見区豊岡町40−2 アミーフラン2階
JR京浜東北線鶴見駅西口改札より徒歩8分
市営バス「三角」停留所より徒歩1分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です