音楽ノートへの取り組みについて【プレ・レッスンタイムについて】

ホームページのトップページでご案内している「弾くだけじゃないピアノレッスン」で「プレ・レッスンタイム」について書いています。

このようなご質問を受けました。

自分のレッスン時間の前に行ってお邪魔にはならないのでしょうか?

以前のお教室でちょうどの時間に来るように言われていたので気になります。

 

音楽ノートの書き方やわからないところは、自分のレッスン時間内で質問するお約束になっています。

前の生徒さんのレッスンですので、静かに音楽ノートを始めます。

小学1年生の生徒さんでも出来ていますので大丈夫です。

以前のお教室では、「自分のレッスン時間に入室を」というお約束だったとのこと。

でも、フェリーチェピアノ教室では、静かに入室(もちろんごあいさつはしています)、音楽ノートに取り組み、自分の時間になったら速やかにレッスンに、という流れで大丈夫です。

プレレッスンタイムとは?

自分のレッスン時間の前5〜10分前に教室に来て音楽ノートに取り組みます。

ピアノレッスンを始めて2〜3冊の楽譜が終わる頃、音符が読めるようになってきたらノートを始めます。

音符の書き方、楽譜の書き方を覚えていき、いつも見ている楽譜への理解を深めていきます。

楽譜を書くことに慣れていると、後に「聴音」(音の聴き取り)をやっていくときにも無理なく始められます。

フェリーチェピアノ教室の小学生のピアノレッスン

教室へのご質問がありましたら遠慮なくお問合せくださいませ。

お問合わせはこちらをクリック

 

トトロお電話でのお問い合わせ045-584-7166おんぷフェリーチェピアノ教室おんぷ
横浜市鶴見区豊岡町40−2 アミーフラン2階
JR京浜東北線鶴見駅西口改札より徒歩8分
市営バス「三角」停留所より徒歩1分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です